■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

レーシックの手術では、当然眼科の専門的な知識は必要ですが、同様にレーシックの手術をどれだけ経験したかということも重要です。
実績のあるクリニックに在籍をしている医師でしたら安心してレーシックを受けることが出来るでしょう。

 

レーシックとは、既に欧米では10年以上の実績を持っている比較的有名な手術方法です。
日本国内におきましても非常に多くの人が受けており、国内での手術の失敗はまだ報告されていません。
レーシックの手術を実施するのは、人間ですので、どうしてもそこには失敗をしてしまうリスクがあります。
しかしレーシックの手術をした時の失敗の可能性というのは、一般的な手術と同様で高い確率のものではありません。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。

家 購入
http://www.toyotahome.co.jp/support/
家 購入へ



■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:14-12-2018

わたしには、いつも大切にしている言葉があります。

それは、生前祖母がいつもわたしに言ってくれていた
「やらんで後悔するなら、やってから後悔しなさい」
という言葉です。

わたしが、大阪駅に行く前、
祖母は半身麻痺の状態で、
ずっとベッドの上にいる生活を送っていました。

わたしは仕事を続けながら、
家族や親戚と協力し、祖母の介護をしていました。
そんな中、わたしに会社から大阪駅へ転勤する辞令が下されたのです。

会社に入って
ずっと希望していた職種へ移動できる嬉しさや驚きもありましたが、
辞令を受けた直後は、正直わたしは戸惑いました。

大阪駅に行くという事は、地元を離れる事になります。
そして、寝たきりの祖母を置いて行く事にもなります。

今でも大変なのに、
わたしが大阪駅に行く事によって
家族や親戚の負担も大きくなります。

そして、何よりも
大好きで大切な祖母と一緒にいれなくなる事は
わたしにとって辛くて寂しい事でもありました。

いつも、
わたしが悩んでしまった時の一番の相談相手は祖母でした。

そこで、
転勤の辞令を受けた事、嬉しいけど戸惑いがある事、祖母と離れたくない事、
いっそ会社を退職し祖母のお世話をしようかな…などを
祖母にぽつりぽつりと伝えていきました。

祖母は、ベッドの上で、
うんうんとわたしが言う言葉を聞きながら質問をしてきました。
「で、あんたはどうしたいん?」

そこでわたしは、
大阪駅でやりたい事にチャレンジしてみたい…と伝えると、
祖母は動くほうの手で優しくわたしの頭をなでながら、
「おばあちゃんの事はええから行っといで」

そして、あの言葉を言ってくれたのです。
「しないで後悔するよりも、なんでもやってから後悔した方がええ」