■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

レーシックの手術では、当然眼科の専門的な知識は必要ですが、同様にレーシックの手術をどれだけ経験したかということも重要です。
実績のあるクリニックに在籍をしている医師でしたら安心してレーシックを受けることが出来るでしょう。

 

レーシックとは、既に欧米では10年以上の実績を持っている比較的有名な手術方法です。
日本国内におきましても非常に多くの人が受けており、国内での手術の失敗はまだ報告されていません。
レーシックの手術を実施するのは、人間ですので、どうしてもそこには失敗をしてしまうリスクがあります。
しかしレーシックの手術をした時の失敗の可能性というのは、一般的な手術と同様で高い確率のものではありません。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。

家 購入
http://www.toyotahome.co.jp/support/
家 購入へ



■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:20-9-2018

みなさまは、
「低炭水化物減量」という
減量法をご存知ですか?

聞いたことがある人も多いかもしれませんが、
この減量法は、
決して安全な減量方法とは言えないようです。

低炭水化物減量というのは、
ライスや食パン、めん類などの炭水化物を一切食べずに、
肉体の中に蓄えられた皮下脂肪を消費させて
減量をするという方法です。

ただ、
ライスや食パンなどを一切食べないという方法は、
生活習慣病につながる恐れがあるそうなんです。

炭水化物を摂らないかわりに、
脂質やタンパク質は摂ってもいいので、
動物性の食品を多く摂ってしまいがちです。

そのために、
生活習慣病を引き起こしてしまう恐れがあるらしいです。

また、全く炭水化物を摂らないご飯制限では、
糖質を減少させることができますが、
糖質というのは
人間の脳にとって必要不可欠な栄養素なのです。

糖質の摂取が極端に減ってしまうと、
脳にダメージを与えてしまい、
偏頭痛を起こしてしまう人もいるそうですよ。

さらに日本人の場合は、
腸の長さと関係があるようで…
便秘になってしまう可能性が高いようです。

わたしたち日本人というのは、
昔からライスやうどん、味噌ラーメンなどの
炭水化物が好きな人が多いので、これを食べないというのは
なかなか難しいことだと思いませんか?

このように低炭水化物減量は、
肉体の健康のことを考えると
危険性が高い減量方法だと思います。

やはりバランスの良いご飯を摂り、適度な体操をして、
健康的に減量することが望ましいですね。