■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。

 

両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。
視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。



■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではないブログ:11-6-2018

少子化の社会で、
一体何が一番深刻な問題なのかというと、
母親が育児をしていても
幸せを感じられなくなってしまうということだと思う。

最初の赤ちゃんを産み育てる時は、
どうやったとしても母親は新米ゆえに、
いたる所で失敗をしまくる…

しかも赤ちゃんはよる泣きをしまくるし、
自分は睡眠不足になってしまうので、
「あたくしはなんて不幸なんだ」と思うようになる。

しかし子どもを3人以上も産めば、
赤ちゃんがよる泣きをするのは、当たり前ということが解るものだし、
もしもよる泣きをしなければ、死んでいるということなのである。

子どもを3人以上育てたことで
母親には「育児力」がしっかりとつくので、
育児を思いっきり楽しめるようになるのだ。

そういう母親の精神状態が
子どもの脳に良い影響を与えない筈がない。 

母親が母親として一人前になるからこそ、
子どもたちは健全に成長して行くことができる。

母親が一人前でなければ、
過保護や過干渉を繰り返してしまうのは当たり前のこと。

子どもの数が少なければ、
母親だって子供との距離を掴めないので、
子どもとの距離を適正に保つためにも、
母親が3人以上の赤ちゃんを産むしかないのである。

子どもが1人しかいなければ、
経済的負担は少ないから、裕福になれると思ってしまいがちだが…

もしも子どもが死んでしまったら、それこそ子孫が絶えてしまうし、
もしも子どもがグレてしまったら
自分たちが望むような未来を実現させるのは難しいだろう。

子どもの数が多くいれば、
子どもが1人死んだとしてもスペアはあるものだし、
デキの悪い子がいても
それ以外のデキのいい子に期待すればいいのだ。