■レーシック情報:術後の安定までの日数

レーシックの手術の効果が安定してくるのは、一般的に手術を受けてから一ヶ月ほどと考えておきましょう。
このようなことは事前に担当医から説明があるハズですので、聞き逃しの無いようにわからないことは積極的に質問をしていきましょう。

 

レーシックの手術をされた経験者の人に聞きますと、大体効果が現れてくるのは手術を受けた翌日からだそうです。
ただしレーシック手術の種類、視力矯正の種類によりましては、効果の出方に多少なりの差が生じることがあります。
レーシックの手術を実施するにあたり、多くの方が気にされていることというのがあります。
それがレーシック後に、どの程度でその効果を実感することが出来るのか?ということです。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。



■レーシック情報:術後の安定までの日数ブログ:17-2-2018

減量中は、
規則正しくご飯をするということが、基本中の基本です。

特に朝方食をしっかりと食べるということが、大切です。

朝方食を抜いてしまうと、
むしろ減量には逆効果につながってしまう恐れがありますので、
注意しましょう!

それは、ミーたちの血糖に大きく関係をしています。

ご飯を食べない状態が続くと、
ミーたちのからだは低血糖が続く状態になります。

朝方食を食べないということは、
睡眠時間もプラスすると、
半日はざらに食べない状態が続くことも十分に考えられますよね。

すると、ミーたちのからだは
血糖を正常な値に戻そうという努力をします。

その一環として、
コルチゾールというホルモンを分泌するのです。

コルチゾールというホルモンは、
筋肉を分解することによって、糖質を作り出す働きがあります。
この糖質を活用することで、血糖をリカバーしようとするわけです。

筋肉というのは、
減量する上で欠かすことはできません。
筋肉が消費カロリーの大部分を占めているからです。

コルチゾールによって筋肉が分解されるということは、
筋肉の量が減少してしまうことを意味します。

ということは、再び代謝の力がダウンをし、
せっかく減量をして増やしてきた筋肉を
元にもどしてしまうわけです。

だから、減量にとって
朝方食は大切なんです!!

もし朝方一でご飯をすることが難しいという人は、
午前中、仕事が一段楽したときにでも、
すぐに食べられるものを用意しておきましょう。

午前中にご飯をすれば、
コルチゾールの分泌量を少なくすることができるからです。