■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか


■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
レーシックの手術は人の手を使って実施されるものですので、まだ十分な経験と知識のない医師はいます。
そのような医師の場合には、失敗して多少の痛みを生じてしまうことも考えられます。

そもそもレーシックというのは、角膜の厚みが十分にある人にしか適用されることの無い手術方法となっています。
つまりレーシックによって痛みが生じるなんてことはほぼ無いといえるのです。
レーシックの手術をするに当たり、多くの方が気にしていることと言えば、手術中に痛みがあるかどうかということです。
レーシックにおきましては目の角膜の部分を手術によって治療がされるので、やはり痛みは気にしてしまうことだと思います。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。




■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうかブログ:19-2-2018

頑張っているけど痩せない…
痩せたいと常に思いながらも行動がついてこない…
シェイプアップや食べ物のことが24時間中頭の中から離れない…
みなさんは、こんな経験ありませんか?

シェイプアップって、より良い自分になるための行動なんですから、
本来、やればやるほど人生が活き活きとするもの。
なのに、やればやるほど暗い気分になっていく…って、
悲しいですよね?

シェイプアップも成功せず、
気分も暗くさせるシェイプアップの典型的なパターンと言えば…

「痩せたら○○しよう!」
そう思ってシェイプアップを始めることってありますよね?

もちろん、シェイプアップに成功して、
痩せた後の自分に様々な期待を持つことは良いことですが、
その痩せたらする○○が、
痩せなくてもできることなら要注意なんですよね!

例えば…
「痩せたら同窓会に出よう!」
「痩せたら好きな人を作ろう!」
「痩せたら就職しよう!」
「痩せたらオシャレになろう!」
「痩せたらスポーツを始めよう!」
…そう思ってシェイプアップをしている人がいるとします。

もちろんシェイプアップが上手くいけば、問題はありません。
でも、そうではないのなら…

もしかすると…
好きな人がいないこと(作らないこと)、
就職できないこと(しないこと)、
スポーツしないことなどを継続するために、
シェイプアップを失敗させている、
もう一人の自分がいるかもしれないんですよね。

このように、
シェイプアップの失敗を
何かを「しない」ための道具として利用しはじめると、
当然シェイプアップは成功しませんし、
人生を好転させるチャンスまで逃すことになっちゃうんですよね!

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます~
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

★メニュー

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)めがねもコンタクトも必要なしのレーシックガイド