■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:17-6-2014


減量を頑張っている時でも、
ついつい食べ過ぎてしまうこともありますよね。

そんな時はあまり神経質にはならずに、
気にしすぎないことが大切!

食べ過ぎてしまった次の日に、
食事を軽めにするなど調整すれば大丈夫ですし、
それが減量を長続きさせるコツにもなります。

食事って、1日ごとの摂取カロリーで考えがちですが、
食事の摂取エネルギーは1週間くらいの
トータルで考えると気持ちが楽になりますよ。

真夜中に飲み会があるというような場合は、
その日の昼食を軽めにしたり、
翌日の体操を少し増やすなどして
1週間のうちで調整すればいいんです。

食事をすると、
食べ物に含まれる糖分は
グルコースというものに変換され
肝臓に貯蓄されます。

しかし、食べすぎなどで
グルコースが肝臓に貯蓄しきれなくなると、
余ったグルコースは血液外に運ばれ、
脂肪となって身体に蓄積してしまいます。
その状態が続くと肥満の原因になるのです。

なので、
食べ過ぎてしまった後の食事は軽めにし、
糖をリセットする必要があります。

食べすぎた次の日は、
余分な糖分をリセットするためにも
野菜を中心とした食事で
食物繊維とビタミンをしっかりと補給するようにしましょう。

ビタミンB1は糖分を効率よく燃やすために必要なので、
ビタミンB1が豊富な玄米などの雑穀を
ライスに入れて食べるのもおすすめです。

肥満は、
食事によるエネルギーの過剰摂取や
毎日の体操不足の積み重ねが原因ですので、
それを防ぐためにも普段から
バランスのとれた毎日と程よい体操で
太りにくい身体を作ることが大切!

ですが、たまにはアクセントとして
好きなおやつを食べたり、
日本酒を楽しんだりと
自分へのご褒美も大切ですよ!
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)めがねもコンタクトも必要なしのレーシックガイド