■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。

 

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:08-12-2018

家庭において一番大切なことは、
子どもの豊かな心を育てることなのではないでしょうか。

それには
父母からの精一杯の愛が必要だと思います。

子どもが泣くのは、自分を見て欲しいからです。
愛されていることを確認したいのです。

何度泣いても、どんなに求めても
相手にしてくれなければ、子供も学習し、
あきらめてしまうことでしょう。

子どもの求めることに、
ゆとりをもって聞いてあげる。
すると子どもの心は満足し、情緒が安定するのです。

子どもが何かしてくれた時は、
顔を見て心をこめて
「ありがとう。上手にできたね」と感謝して、
褒めてあげたいものですね。

忙しさにかまけて、
顔も見ずに「サンキュー」と云っていないでしょうか。

向かい合ってやさしく笑顔で云うのと、
3秒も違うでしょうか。

大好きなお父さんや母親から
感謝され、褒められて、
母親はどんなに喜び安心することでしょう。

他人が幸せなら共に喜べる心を養ってあげたい。
口で云うだけで、父母がそうした姿を見せなければ、
子どもはわからないでしょう。

だから父母は大変です。
でもこうやって、俺たち父母も成長できるのです。

子どもと共にいろんなことを経験したり、
子どもを通じてたくさんの素晴しい人とめぐり逢ったり、
子どもが依存してくれるからこそ、
自分の存在価値が大いに認められる…

俺たちは育児しながら育自して、
何と人間的に成長させてもらえるのでしょう。

そして何より、
こんなにも「愛しい」という想いを持てることの素晴しさ。

こんなにも父母にたくさんの宝物を与えてくれて、
子どもは父母離れをするまでに
父母孝行はしてしまっているのかもしれませんね。